トップ基本方針会社概要事業実績採用情報お見積りリンクお問い合せ 事業内容

 この部門は、各家庭のし尿や浄化槽汚泥をバキュームカーで吸い込み、処理施設へ運搬する業務を担当します。運搬された汚泥は、きれいな水として循環させるために処理場にて処理して放流しています。浄化槽は、浄化槽法により年に1〜2回の清掃を義務付けられており、ご契約を頂いたお客様の日程に合わせて仕事に向かいます。


 この部門では、浄化槽・排水管・グリストラップの保守点検・洗浄・修理を行い、お客様の使う水をきれいにして排出するお手伝いをしています。この作業では国家資格が必要となりますが、知識だけでなく経験とお客様との信頼関係が重要な部門となります。 高圧洗浄機や試薬・検査器具など専用の道具と専門知識が毎日の業務に必要となるため、日々の学習がもっとも必要となる部門でもあります。


 使用した水は排水として浄化槽や下水道に流れ処理される以外に、そのまま用水路に流れることもあります。飲食店においては設置が義務付けられている油水分離槽は、定期的な清掃や点検が必要です。
 しかし法律だけでなく現実として行われていない状況にあります。定期的な洗浄によって、配管のつまりや破損による緊急事態を防ぎ、排水の負荷を軽減してきれいな水を流すことをお手伝いいたします。

 左の写真のようなパッカー車(ゴミ収集車)を使用して一般家庭やコンビニ・レストラン等のゴミを回収します。この車両では一度車両内に投入された物は、処分場以外で排出することはありません。
 また、投入口は回転板にて圧縮させながらゴミを押し込むため大変危険な作業になっています。そのため、投入に際してゴミを判別しスピーディーな作業をするには長い経験が必要となります。

 1トンから4トンまでのトラックを使用し、単品毎の巡回定期回収を業務としております。回収した物は一度当社集積場所に下ろし、分別作業をします。そして分別の終わった物を、品目毎に処分もしくはリサイクル工場へ運搬します。


 現在大垣市において生ごみの堆肥化、廃油のリサイクル化が行われています。市民病院、市役所、給食センター、幼・保育園で発生する生ゴミや廃油を毎日当社が回収し、処理機にてリサイクル処理をしています。
 そのまま処理機へ投入するため排出時の分別の徹底が不要です。しかし今後はこういったリサイクルできる品目が増え、収集範囲も拡大していくと思われます。


 大垣市にはいくつもの用水路や川が流れております。そして大雨・台風による影響もあり廃棄物や草が流れていきます。それは腐敗による悪臭や病原菌の発生にもつながるため早期の回収が必要となります。
 現在市内には50以上の除塵機が設置されております。当社では定期回収及び増水後の緊急回収を行っております。


 大垣市においては、現在粗大ゴミの有料化により、有料シールでの予約回収を行っております。しかし急な整理整頓、分別できてないゴミ、引っ越しや解体、家事や災害における廃棄物の処理は非常に大変です。
 また休みの日に来て欲しい、一人暮らしで困られる方、大きなもので家の中まで取りに来て欲しい、マンションの上から下ろして欲しいといった要望にも対応いたします。1つから見積りだけでもお伺い致します。お気軽にお尋ね下さい。


 名称としては産業廃棄物中間処理業務となります。梱包を食品容器として使用する発泡スチロールを、有機溶剤を使って減容し100%マテリアルリサイクルを行っております。
熱処理を行わず材料のみを再生できるので、高純度の材料をして重宝され処理方法としても危険の少ないため今後一般的な処理として定着すると思われます。発泡スチロールの溶ける様子を是非見に来てください。


 現在4名の営業により新規契約、契約更新、集金業務を行っています。現在のお客様はもちろん、これからお付き合いさせていただくお客様の要望に迅速に応えられるよう体制を整えて生きたいと思います。
 現在の業務でお困りの事を教えていただけますでしょうか。排水処理、産廃物処理においては当社がお手伝いできることはもちろん、出来ないことは当社が信用する業者を紹介させていただきます。
 当社の知らないことはすぐに調べてお知らせいたします。総合環境事業のプロフェッショナルを目指しています。


ページトップ